<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

カメラオンチ 目覚める?

e0197771_202214.jpg


写真はディサービスのフリーな時間にやってる
ビーズ細工の中身を広げた写真

これからは 生活の中でちょっとしたものでも写真を撮っていこうと思う

CG活動を続けていくのなら 
ちょっとしたカメラ・写真のノウハウを身につけておくのも
創作の幅が広がっていいと思う

載せた写真は携帯で撮ったものだが
普段からカメラを持ち歩く習慣をつけておきたいものだ
(デジカメしか持っとらんのだが(笑))


しかし・・・


東京での第一夜
お台場の レインボーブリッジがよく見える店で食事をした
外の景色がうまく撮れないでグズグズしていると

デジカメにナイトスナップ機能付いてるじゃん と凛ちゃん
ナイトスナップって何? とワシ

・・・

多分 素人としてもかなり重症な会話だったに違いない(笑)
ここから勉強していくにはかなりの苦労がいるかも(笑)

とりあえず カメラを身近に置いて
いつでも写真を撮る 習慣を持とうと思う


とか思ってると こういう面白い記事が眼に入ったりもしてくる
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101029-695659.html

by yuroworld | 2010-10-29 20:53  

東京レポ 慣れてきた?東京

e0197771_19484783.jpg


写真に写ってるカードは 鉄道に乗る時に改札に翳すことで
カードから料金を差し引くことができるもの
いくらかで購入し 料金が足りなくなれば必要な分 代金購入できるようになっている

カードの写真を載せ 説明するあたり 田舎もん丸出しなのだが
ワシは東京で初めてこのカードを使った

でも 自分とヘルパーさんは 既に凛ちゃんが持っていたカードを使わせてもらい
代金追加も凛ちゃんがサッサッサ!と知らないうちにやってしまっていたので
鉄道料金は全て 凛ちゃんに面倒みてもらう形になった
「いいの?」「大丈夫?」と何度か聞いたが ニコッと笑い返すだけだった

こんな形でも 凛ちゃんには随分お世話になっている ありがとう!凛ちゃん!

3日間の移動を全て鉄道に頼った
運転士がいないと言う ゆりかもめにも乗った
もう二日目の帰りなど 何の迷いもなく乗り継ぎも出来ていた
もうすっかり都会人気分だ(笑)

宿泊は大鳥居の東横イン 京浜急行の駅から降りてくると
まるで自分の庭のようにも見え 
「帰ってきたって感じだなぁ」と言っていた(笑)

まだまだ 東京の本の一部分を覗いたに過ぎないが
東京を満喫できる旅行になった
また 機会があったら来ようと思う

この辺で 東京レポは一端終わりにしよう

また 時に触れ 書くこともあろうと思う

by yuroworld | 2010-10-28 20:39  

東京レポ 六本木

22日 六本木で1日過ごしました
六本木はアートや音楽がいっぱい詰まった街

ヘルパーさんにとっては 
街で「お姉さん」と声かけられ 駅でワシの「お母さん」だと思われ
気性の上下が激しくなる街でもありました(笑)

まずは まっすぐに国立新美術館へ行き
ゴッホ展と二紀展を観ました
ゴッホ展は平日だと言うのに物凄い人だかり
二紀展は 眼を引くものが幾つかあったけど 展示の量が多くて
「数多けりゃいいってもんじゃないよ」って言いたくなりました
美術館を出たときは結構疲れてました
美術鑑賞でこんなに疲れたのは初めてです

途中で軽く昼食をとり HUJIFILMのビルに入りました

そこで 奈良美弥子さんの写真展を見ました
何の目的もなく 偶然眼にした写真展ですが
シンプルでゆったりしていて
国立でうんざりしてた気分が一気に癒されました
ポストカード 何枚か買って帰りました
富良野の景色が心に染みてくるようでした

e0197771_126335.jpg

奈良美弥子さんのサイト
http://landscape-stories.com/

夕方まで ガレリアビルで時間を潰してから
ジャズレストラン・サテンドールでのライブを聴いてきました
客の出入りの邪魔にならないように と薦められた席は 
なんと演奏者の控えてるテーブル
ちょっとした打ち合わせとかやってて
自分らもちょっと緊張しました

とかなんとか言いながら こんな写真も撮れたりして(笑)
e0197771_13262515.jpg


後でネットで調べてみると各人 凄く活躍されてる人たちばかり

牧山純子(Vln) 安井さち子(P)、岸徹至(B)、長谷川学(Ds) 多田誠司(As)

いいライブでしたよ ジャズバイオリニストの演奏 はじめて生で観ました

by yuroworld | 2010-10-27 13:41  

東京行ってきました

人生初めての東京旅行
10月21日~23日までヘルパーさんに付き添ってもらい行ってきました
いろんな面からいろんなこと書いてみたいから
何回かに分けてレポートしていくので
数日 お付き合い願います

川口凛ちゃんに会うと言うのがこの旅行のメインだったので 
凛ちゃんとのことを レポート第一弾に。

e0197771_16465883.jpg


凛ちゃんにCGのモデルになって欲しいと頼んだのは6年以上ものこと
それから ずっとネットフレンドとしても親しくしてもらってた
いつか会いたいね いつか東京に行きたいね
そう言ってたが ようやく実現した

空港降りてすぐに彼女の笑顔に巡り会えた
それから 中日22日は彼女の仕事の都合であってないが
それでも携帯メールでアドバイスくれたりしたので
3日間 ずっと一緒にいてくれたような気分だった

彼女はとっても優しくて ほんとに心から優しい人で
気持ちがまっすぐな人でもあって
その優しさが ひしひしと伝わってきて それがとっても嬉しかった

e0197771_17133653.jpg

この写真のボードと座布団は 足乗せに・・・ と彼女が作ってきてくれたもの

自分は 足を伸ばしたまま車椅子に乗ってることが多い
21日 一緒に移動中 その長い?足が 人の足を蹴ったり蹴られたり
物にぶつかったりした
それを見ていた彼女が 自分らには何にも言わず
ホームセンターに行き ボードやら材料を買い
自分の考えで この足乗せを作ってきたのだ 座布団は手縫いしたものだ

21日に初めて会い 食事をし 家に戻れたのは深夜過ぎてる
22日も仕事が終わったのが夜10時
それでいて 23日朝9時に このボードを持ってホテルまできてくれた
どこに そんな時間あったの?って感じ あまり寝てなさそうでもある

これには ほんとまいってしまった
別に福祉慣れしてない 普通の女性だ
初めて自分の身体を見て ここまでやってくれると
嬉しさを通り越してしまう

他にもいろんなとこで この人の優しさは凄い と思うことがあった

こんな良い人と 友達でいれたなんて気付きもしなかった
これからも ずっといい仲でいられたらと思う

ありがとう! 凛ちゃん!


e0197771_18143562.jpg

おっと これは説明省略(笑)

by yuroworld | 2010-10-24 18:20  

cinema:陰陽師

e0197771_2333182.jpg



2001年日本作品 滝田洋二郎監督
出演  野村萬斎 伊藤英明 真田広之 小泉今日子 今井絵理子

平安のとき 悪霊・妖怪を成敗する能力を持った者を陰陽師と呼んだ
しかし 陰陽師でありながら京を我がものにしようと企む道尊
帝の子に呪いをかけたり 150年もの眠りから怨霊を呼び起こしたりする
それから守ろうと立ちはだかったのが安倍晴明と源博雅だった

何やら重苦しくて難解なストーリーかと思って敬遠してたが
なかなかさっぱりと解りやすく 男の友情も垣間見えて
観終わった後 気持ちが良かった

安倍晴明の側に就いている
今井絵理子扮する蜜虫がとても可愛かった

by yuroworld | 2010-10-20 00:36  

あ~ぁ

ソフトバンク負けちゃった

クライマックス制になってから
ソフトバンクは運に見放されてるもんねぇ

阪神も負けちゃったし
今年もまた興味のない日本シリーズになるね

ウィスキー飲んで 寝ようっと!

by yuroworld | 2010-10-19 20:57  

そういやぁ

昨日はディサービススタッフの娘さんの結婚式だった

ワシは直接招待受けるような関係じゃなかったけど
スタッフの中には
出席するときの服のサイズが気になり
一月くらい前から「ダイエット」という言葉がちらほらと・・・(笑)

その前日 某スタッフ
「動かんかったら(服が破けんから)大丈夫!」というぎりぎりセーフ宣言
「席に座れんとちゃう?」とワシ
「よかもん 座らんけん!」

はてさて どうなったことやら(笑)

by yuroworld | 2010-10-17 20:54  

寝た~っ!

9時間寝れた

今からコーヒー飲んで昼飯に備えるか

外は晴れててのんびりできそう

昨日は買い物しまくってたけどね

平和だねぇ

by yuroworld | 2010-10-17 11:13  

木村暢子ライブ

県展を観終わった後
そのまま 島瀬公園でのJAZZ'N SASEBOを観てきた
木村暢子さんのライブを聴く これが外出のほんとの目的

怪我をする前は よく松葉杖でジャズ・バーにも出かけていたが
動けなくなってからは それも出来なくなっていた
ライブ開始間近になると 知った顔が何人か見受けられた
前と変わらず話せる人もいたが
話しかけても そっけなく話しできない人もいた

無理もない 怪我してからは全然交流もなかったんだから・・・
もう4年以上にもなる 暢子さんのライブも4年以上ぶりになる

ライブはとっても良かった
ちょうど日差しが 暢子さんの真正面を直撃するようなレイアウトで
眩しくてたまらんのやろな と思いながら聴いていた

車椅子での移動が 中心になってからはバーでのライブにもなかなか行けない

今度 みんなに会えるのはいつになるんだろうか?

e0197771_14455676.jpg

木村暢子さん(右)とボーカル・MAYUMIさん

by yuroworld | 2010-10-10 14:44  

長崎県美術展

e0197771_1651098.jpg


長崎県美術展を観てきた
時間をかけて観たのは 洋画 写真 デザイン部門

知り合いが何人か出品していた
遠くから見ても一目でその人の作品と解るのもあり
「何があったの?」と聞きたくなるくらい
それまでの作品とはガラリと作風が変わってる人もいた

何年かぶりに観る県展
やっぱり 創作意欲が刺激された

by yuroworld | 2010-10-10 14:13